宮崎市の車検ならコバック宮崎空港南店・宮崎加納店・宮崎本郷店。[コバック宮崎空港南店]宮崎県宮崎市大字田吉4977-363(空港南側) [コバック宮崎加納店]宮崎県宮崎市清武町加納甲2698-2 [コバック宮崎本郷店]宮崎県宮崎市大字本郷南方辻原4063-2。 【WEB受付】24H年中無休対応/代行料0円、見積り0円、代車0円【業界最安値】の店舗数全国NO.1車検専門店

メニュー

閉じる

株式会社 山崎工業ニュース

スラッジナイザー施工[2019.06.07]

いつも車検のコバック宮崎空港南・本郷・

加納店をご利用いただきありがとうございます。

梅雨時期ですが、昨日は真夏のような

暑さで汗びっしょりでした。

今日の「お知らせ」はスラッジナイザー施工です。

エンジンオイル交換は定期的に行っていますが、

オイルの汚れが目立つ車があります。

そこでおススメするのがスラッジナイザーです。

スラッジナイザーはエンジン内部でエンジン内部洗浄剤を

循環させる事で、通常のオイル交換では取り除くことが

出来ない汚れも取り除くことができます。

スラッジナイザーを施工するとエンジンオイルが

凄く綺麗になります。

実際にエンジンをかけてみると音が静かになります。

加速も強くなって、エンジンがスムーズになっているのが

よくわかりますよ。

施工はオイルの汚れが目立ってきたらお勧めしますが、

車検と同時に行うのもおススメのタイミングです。

興味のある方は是非コバックへお越し下さい。

※施工可能店舗

#車検のコバック空港南店

#車検のコバック加納店

エンジンオイルの量が減る[2019.02.22]

いつも車検のコバック宮崎空港南・本郷・加納店を

ご利用いただきありがとうございます。

早いもので2月がもうすぐ終わり、

いよいよ繁忙期の3月が始まります。

公私ともに忙しくなりそうです。

今日の「お知らせ」はエンジンオイルに

ついてです。

エンジンオイル交換の前には必ず

量のチェックを行います。

その際、量が不足している車が見られます。

基本的にはオイル漏れがない限り

オイルが減ることはないのですが…

考えられるのは2点。

①オイル上がり

②オイル下がり

①オイル上がりの原因はピストンリングの摩耗

②オイル下がりの原因はバルブシールの劣化

どちらもエンジンオイルの管理不足が原因です。

修理となるとエンジンの分解作業が必要なので、

修理代は高額になります。

コバックではエンジンオイル交換時期を

走行距離 約5000キロ

経過年月 6ヶ月

どちらか早い方での交換を推奨しています。

その他、エンジンブレーキによる燃焼室内部の

負圧が高まりオイルが吸い上げられることもあるようです。

オイル上がり・下がりは日頃のメンテナンス不足が原因です。

メンテナンス(予防)は愛車を永く大事に乗り続けるため

のコツですね!

車検に通るフォグランプの基準[2019.02.08]

いつも車検のコバック宮崎空港南・本郷・加納店を

ご利用いただきありがとうございます。

いよいよ年間最大の車検需要期に突入!

この2・3月は”車検”がもっとも多い月です。

車検には「保安基準」なるものがあり、

基準不足を車検不合格とも言います。

今日はその中でも「フォグランプ」について

お知らせします。

そもそもフォグランプとは?

「フォグランプ」は補助灯で「霧灯」ともいいます。

濃霧や激しい雨な視界が悪い場合に視界確保を

目的に使用するものです。

フォグランプは前方(フロント)と後方(リヤ)に

取り付ける(備える)ことが出来ます。

前部霧灯(フロント)

色⇒白色または淡黄色(薄い黄色)、すべて同一の色

数⇒2個以下

画像:淡黄色

後部霧灯(リヤ)

色⇒赤

数⇒2個以下

その他、取付位置など細かい基準はありますが、

問い合わせが多いのは色の基準です。

ご自身で購入し、取り付けたのに車検不合格と

言われたらがっかりですよね。

購入時はしっかり確認して購入して下さい。

ご不明な点やご相談などありましたら、

是非コバックにお問い合せ下さい!!

バッテリー上がり[2019.01.21]

いつも車検のコバック宮崎空港南・本郷・加納店を

ご利用いただきありがとうございます。

一月に入り寒さも増してきましたね。

冬のカーライフで心配になるのは…

バッテリーの状態です。

バッテリーは冬に上がりやすいと言われます。

今日のお知らせは「バッテリー」です。

そもそも「バッテリー」とは?

バッテリーは電気を保存しておくことが出来る

蓄電池と言えます。

これがないとエンジンをかける事も、

走行も出来ません。

自動車には、たくさんの電気部品があり、

これらは全てバッテリーから電気を供給しています。

(バッテリー)

バッテリーが上がる主な原因は、ライト・ルーム球など

灯火類の消し忘れなどのうっかりミスがあります。

その他、「バッテリーが突然上がる」原因を

見ていきましょう。

バッテリーにはバッテリー液が入っており、

温度が下がると性能が落ちる傾向にあるようです。

バッテリーは自然放電をしており、少しずつ電気を

消費しています。

走行せずに発電しないままだと、バッテリーは弱ってしまいます。

近距離しか運転しないような車だと、発電時間が短く

蓄電量が少なくなるため、バッテリー上がりを起こして

しまうようです。

バッテリーの寿命は一般的に2~3年と言われます。

定期的に点検を行い、弱っている場合は

早めの交換をお勧めします。

自動車の暖房[2018.12.22]

いつも車検のコバック宮崎空港南・本郷・加納店を

ご利用いただきありがとうございます。

いよいよ12月もあとわずかとなりましたね。

やり残したことはありませんか?

車のオイル交換など、12/28まで対応できますので、

お早目にご来店下さい。

今日のお知らせは「自動車の暖房」です。

冬には欠かせない暖房。

寒い朝の通勤で暖房が効かなかったら…

今回は自動車の暖房がどのように温風を車内に

送りこんでいるのかを簡単にご紹介します。

一般の家庭などで使用されるエアコンは、

冷たい空気も暖かい空気も出すことができます。

しかし、自動車の場合は少し異なります。

実は自動車のエアコンは冷たい空気を送り出す

クーラー機能だけなんです。

暖かい空気はどこから?

それは、エンジンが発する熱を利用しています。

エンジンは内部で爆発・燃焼を繰り返し高温になるので、

オーバーヒート防止のため、冷却水を循環させてます。

車の暖房はこのエンジンを循環している冷却水を

熱源として、室内のヒーター部品で車内を暖めています。

なので、乗り始めでエンジンが冷えている状態では

冷たい風しか出てきません。

合わせて冷却水の管理も重要ですね!

管理不足で冷却水漏れが起これば、暖房どころか

エンジンそのものが壊れてしまいます。

予防整備は冬の快適な車内環境にも効果があります。

詳しくはコバックスタッフがアドバイスさせて

いただきます。

予防整備で安心安全なカーライフを過ごしましょう♪

車のメンテナンスは実施してますか?[2018.12.05]

いつも車検のコバック宮崎空港南・本郷・加納店を

ご利用いただきありがとうございます。

突然ですが質問です!

みなさんは車のメンテナンスを確実に実施してますか?

車はエンジンを始動してアクセルを踏めば快適に走り出し、

ブレーキを踏めば安全に止まる。

これが当たり前と思い、安心して運転されている方も多いでしょう。

実は、その当たり前の安心・安は日頃の点検・車検での

メンテナンス(予防)がカギを握っています!

画像「エンジン点検」

画像「足回り点検」

どんな車でも時間の経過とともに消耗や劣化・老朽化し

使用できなくなる状態へとなっていきます。

ただ、メンテナンス(予防)を実施する事で車自体が持つ

性能と共に安全確保へと繋がり、急なトラブル、故障や

事故などを未然に回避する事が出来ます。

車が故障して修理となる前に、事前に故障しないための

メンテナンス(予防)を行いましょう!

人間も一緒でメンテナンス(予防)、健康管理を行うことで

健康を維持し病気やケガなどから守ることができます。

メンテナンス(予防)の重要性を理解し、管理することで

安全を確保し、人も車も安心の楽しいカーライフを

実現しましょう♪

【宮崎市で車検】そもそも車検とは!?[2018.11.26]

車検のコバック宮崎空港南店・加納店・本郷店では、

宮崎県宮崎市を中心に車の車検・整備・点検を実施しております!

宮崎市で車検を実施するお店として、車検制度がどのようなものかを皆様にお伝えできたらと思います!

初めて車検を通すお客様でも安心して車検を受けられるように、スタッフが丁寧にご説明します!

 

【宮崎市で車検】そもそも車検とは?

車検は正式名称を「自動車検査登録制度」を略したものです。

自家用乗用車・軽自動車の場合は新車なら3年に1回、2回目以降ですと2年に1回車検を受ける必要があります。

貨物車は初回は2年に1回ですが、次回からは1年に1回になります。
事業用か自家用でも車検を受けなければいけない年数は変わってきます。

車検は点検しなければいけない項目があります。

それは法定点検56項目です。
部品に不具合や修理が必要な箇所が無いかをチェックします。

 

また、違法改造車は車検を受けることができません。

車検基準に満たない車を目をつぶって車検をしてしまうと、整備工場も稼働停止になります。

 

車検を受けなければ車に乗る事もできませんし、車検を受けずに車に乗ると罰則を受けます。

国が定めた制度になりますので、車検は必ず行わなければいけません。

車検はもちろんお金がかかります!

その際は車検基本料や法定費用が発生します。

また、追加整備が必要な場合は別途修理費用も発生します。

 

定期交換部品とは??

名前の通り、定期的に交換しなければいけない部品です。
自動車は約3万点の部品があります。

ですので、交換しなければいけない部品というのが必ず発生してきます。
部品には金属やゴム製品が多く使われていますし、部品をスムーズに動かすための油脂類も色々あります。

ですから、3万点という部品数がある車にはたくさんの「定期交換部品」があるのです。

代表的な定期交換部品としては・・・

エンジンオイル・・・5000km走行または半年ごと
オイルフィルター・・・1万km走行または半年ごと
オートマチックオイル・・・2万km走行または2年ごと
エアコンフィルター・・・1万km走行または1年ごと
LLC(冷却水)・・・2万km走行または2年ごと
ブレーキオイル・・・2万km走行または2年ごと
バッテリー・・・2万km走行または2年ごと
ワイパーゴム・・・1万km走行または1年ごと

こちらコバック推奨の交換年数になっております。

 

法定費用とは?

法定費用は国に支払うお金の事です。

①自賠責保険料

②重量税

③印紙代

 

この3つです。

自賠責保険料・重量税は軽自動車や小型車など、車両重量によって金額が異なります。

車検料金はこの法定費用と車検料を合わせたものになります。

 

コバックですと、車検料は他社と比較してもお得!

コバックならではのシステムによって低価格を実現しました。

 

 

車検の検査項目

車検には必ず行う検査項目があります。

法定56項目点検です。

コバックのスーパーセーフティー車検ではその56項目に44項目を加えて100項目点検を実施します。

では、車検に必要な56項目はどのようなものがあるか分かりますか?

一部ご紹介したいと思います。

かじり装置

ハンドルやパワーステアリング等です。

制動装置

主にブレーキ周りです。

ブレーキパッドやディスクなど

走行装置

タイヤ周りです。

衝動装置

動力伝達装置

クラッチやトランスミッションなどです。

電気装置

点火装置やバッテリーなどです。

原動機

燃料装置、冷却装置です。

ファンベルトやエンジンオイル漏れのチェックを行います。

排気ガス関連

などなど、省略して書きましたがたくさんあります!

 

最後に

車検は必ず受けなければいけない、国が定めた制度です。

車を安全で快適に乗るためには日々の点検や定期点検も必要です。

大切な愛車をきれいに保つためには、車検だけではなく、日頃の手入れも必要です。

宮崎市内の車検のコバック宮崎空港南店・加納店・本郷店では、車に関するご相談も受けております!

何かお困りでしたらぜひご相談下さい!

宮崎市に限らず、たくさんのお客様のご来店をお待ちしております。

 

 

店舗情報

車検のコバック宮崎空港南店
〒880-0911 宮崎県宮崎市大字田吉4977-363(空港南側)
店舗直通フリーボイス 0037-6001-4316
TEL.0985-56-4097 FAX.0985-56-4047
営業時間/8:00~19:00
定休日/木曜(隔週)、日曜、祝日、GW、年末年始、夏期休業

 

車検のコバック加納店
〒889-1605 宮崎県宮崎市清武町加納甲2698-2
店舗直通フリーボイス 0037-6001-4902
TEL.0985-85-4416 FAX.0985-85-4425
営業時間/8:00~19:00
定休日/木曜(隔週)、日曜、祝日

 

車検のコバック本郷店(車検取次店)
〒880-0921 宮崎県宮崎市大字本郷南方辻原4063-2
店舗直通フリーボイス 0037-6001-4454
TEL.0985-55-2367 FAX.0985-55-2366
営業時間/8:00~18:00
定休日/木曜、日曜、祝日

サイドブレーキの重要性[2018.11.06]

いつも車検のコバック宮崎空港南・本郷・加納店を

ご利用いただきありがとうございます。

11月になりグッと寒くなりましたね。

手洗いうがいで風邪予防を行いましょう。

先日、お客様から質問をいただきました。

「サイドブレーキは掛けんでもいいっちゃろ?」

これはいか~ん!

サイドブレーキの必要性を理解してもらわんと…

という経緯で、今日のお知らせは「サイドブレーキ」

・サイドブレーキの役割

サイドブレーキとは、車を停めている時に車が動かない

ようにするブレーキです。

AT車に乗ってる人の中には駐車時にパーキングに入れる

だけで、サイドブレーキを使わない人がいるようです。

パーキング(P)レンジに入れた状態では、タイヤを

動かす歯車にツメがかかりますので、ある程度ブレーキは

かかります。

しかし、他の車の衝突を受けるなど強い衝撃を受けた時に

そのツメが破損する可能性があります。

「大丈夫だろ~」なんて思わず、停車する際には

必ずサイドブレーキを掛けましょう!

安心・安全なカーライフのためにも習慣にしましょうね♪

車がカビ臭い![2018.10.19]

いつも車検のコバック宮崎空港南・本郷・加納店を

ご利用いただきありがとうございます。

朝夕が冷え込み始め、空気が乾燥してます。

手洗いうがい+マスクで風邪予防しましょう。

今日のお知らせは「車内の匂い」です。

エアコンをつけたらカビ臭い酸っぱいにおいが

した経験はありませんか?

どうすれば車内のイヤな臭いやカビ臭が

取り除けるのか少し調べてみました。

◆消臭スプレー

この方法が一番手っ取り早く臭いを消せます。

手軽で、カー用品やホームセンターにも

様々な消臭スプレーが売られています。

消臭スプレーをしても、臭いが取れないことがあります。

これは車内のカビが原因でしょう。

この場合は、一度車内を乾燥させる必要があります。

◆重曹を使って消臭する

この方法は車内に重曹をふりかけて消臭する方法です。

消臭スプレーと違って時間と手間がかかりますが、

かなり効果が期待できるので、一度お試し下さい。

重曹をシートや床、マットなどに満遍なくふりかけます。

あとは半日~1日放置して下さい。

重曹は湿気や臭いを吸収してくれる効果が期待できます。

放置した後は、重曹を掃除機で吸い取るだけ。

その他、エアコンフィルターからの臭いも

考えられますので、長期間フィルターを交換していない

方は、すぐにでも交換をおすすめします。

快適な車内空間でカーライフをお楽しみ下さい♪

スペアタイヤへの入替[2018.10.10]

いつも車検のコバック宮崎空港・本郷・加納店を

ご利用いただきありがとうございます。

秋風が心地良いですね♪

季節の変わり目は体調を崩しやすいので、

気を付けましょうね。

本日のお知らせは「スペアタイヤ」

みなさんはスペアタイヤを見たありますか?

トランクルームの下にセットされてます。

タイヤのパンク時は車載工具を使って

スペアタイヤと入れ替えします。

ジャッキポイントを必ず確認して、

ゆっくり持ち上げましょう。

 

スペアタイヤを取り付けたら、

ゆっくり降ろします。

最後はナットの締付確認を忘れずに!

タイヤはいつパンクするか分からないので、

その時の対応方法など事前確認が必要ですね。

定期的な空気圧点検など、タイヤチェックも

トラブルに気づける一つです。

是非、お試し下さい。